おめめ交換詳細編

 

先日
「プーリップのアイ交換を詳しく教えてください」
というメールを頂きましたので、
私が普段やっているアイ交換を
できるだけ詳しくご紹介したいと思います!

 

☆準備するもの☆

おめめ交換詳細編1

私の改造道具一式です☆
ちなみに
マイナス・プラスドライバー、交換用アイ、接着剤
つけまつげ、両面テープ、カッター、ピンセット
が私の改造道具必需品です

 

ではでは、道具がそろったところで、はじめましょう!。o@(^-^)@o。ニコッ♪

 

それでは早速、ウィッグを取り外しまーす。

おめめ交換詳細編2

まず、ウィッグとヘッドの間にカッターを押し込み、
ウィッグをとめている“ノリ”だけを、ヘッドを傷つけないよう削り取ります。
ウィッグとヘッドの間に隙間が空いたら、マイナスドライバーを差し込み、
”てこ”の要領で、マイナスドライバーを押し込みながら、ウィッグを持ち上げます。
(※この際に、カッターを使うと歯が折れたりして危ないので、
マイナスドライバーを使用した方がいいかな、と私は思います(^^ゞ)
すると、あっけないほど簡単にウィッグが取れます(*^_^*)



ウィッグを取り外したら、
ヘッドパーツを外します。

おめめ交換詳細編3

プラスドライバーを使って、ヘッドパーツを固定しているネジ3本を外していきます。

 

おめめ交換詳細編4

ヘッドパーツが外れました (⌒-⌒)

 

おめめ交換詳細編5

次に、アイギミックを固定しているネジ3本を外していきます。
ネジを外すと…

 

おめめ交換詳細編6

こんな風にアイギミックが取り外せます。
アイギミックが取り外せたら…

 

おめめ交換スタートです!

 

おめめ交換詳細編7

分かりにくいかもですが、裏側からピンセット
(私はピンセットを使っています)の先で、おめめをグイッと外に向かって押し出すように
力を入れると、比較的簡単にポロンと、おめめが飛び出します。

ひまわりは、今までこのやり方で、何の問題もありませんでしたが、
カスタム職人の友人の話では、あまり力任せに目を押し出すと、
ギミックが壊れたりする場合があるそうなので(コワッ)
力加減には、十分に気をつけてくださいね。
どうしても目が取れない場合は、
目の部分をぬるま湯に、しばらく浸けておくと取れやすくなる、
と友人が教えてくれましたので、
この方法を、お試しくださいね!


おめめ交換詳細編8

元の目が取れたら、新しいおめめに交換しましょう!
ちなみに、私は光にあたると、キラキラ〜と光るおめめが好きなので、
いつも、目の裏に『キラキラシール』を貼っています☆☆☆
(ちなみに我が家のドールさんは、全員キラキラシール貼り付けおめめです)

 

おめめ交換詳細編9

目の土台?部分に、軽く接着剤をつけたら、おめめを取り付けます。

 

おめめ交換詳細編10

 

おめめ交換、完成です!!

 

 

次に、まつ毛をボリュームUPします。
(まつ毛のボリュームをUPすると、もっと可愛くなりますよー!)

 

おめめ交換詳細編11

ラメ付きクロスまつげを、愛用しています(*^^)v

 

おめめ交換詳細編12

まつげ装着には、着け外しが楽な両面テープを使用しています

 

おめめ交換詳細編13

 

まつげ、完成!

ファッサファサになりましたね☆

 

ではでは、ギミックを戻していきましょう

 

おめめ交換詳細編14

ピンセットでバネをつまんで、引っ掛けます
これ、慣れるまでは大変でしたー(^^ゞ

 

おめめ交換詳細編15

バネを引っ掛けたら、三方のネジを留め、
ギミックバーを差し込みます。

 

おめめ交換詳細編16

ヘッドパーツも取り付けて

ウィッグも装着したら…

 

おめめ交換詳細編17

 

ハイ、完成!

 

 

 

おめめ交換詳細編18

 

どうでしょう?
おめめのキラキラ具合とか、わかりますかね…?

 

てなワケで、おめめ交換、終了でース(*^_^*)

 

 

あと、余談ですが『はじめてのぷちカスタム』で、
ワタクシ、メイクにアクリルガッシュを使用していましたが、
その後、劣化してしまいました…(>_<)
なので、アクリルガッシュは使用されない方がよいかと!!
(使っている方、いないかもですが…(^_^;))

おめめ交換詳細編19

ちなみに、今はドール用のリキテックスを使用しています。
最初から、コレ使えばよかった…(^^ゞ

 

それでは、ここまでお付き合いいただきまして
ありがとうございました!

backmenunext